愛隣館が大切にしていること
                            
                            施設長 三 浦 貴 子
 
 社会福祉法人愛隣園(昭和25年創設)の理念は
 「己の如く(汝の隣を愛すべし)」という聖書の一節です。
 自分と同じように隣りあう人を愛す、大切にすることを、ずっと求め続けていくことが私達の使命であると考えます。
 昭和63年に開設した愛隣館は、重い障がいのある方々が気がねのない自分の住まいとして暮らされ、それぞれの可能性と人生を拡げていく支えになる、という目標の下にこれまで歩んでまいりました。
 平成3年からは、九州で初めての施設併設型デイサービスを始まりとして、地域の障がいのある方々への生活支援と、生きがいにつながる活動の場を提供しています。
 現在では、70名の入居施設と、2つのケアホーム(15名分)、日中活動系3事業所、ホームヘルプ事業、移動支援事業、相談支援事業などを実施し、100名を超えるスタッフ(障がいのあるスタッフ7名)で、力を合わせて24時間のサービスを提供しています。
 開設から変わらないものは、「利用者11人の思いを大切に、自己決定して頂く(自分の人生を自分で決めていく)」ことです。そのために、利用者の話を聴いてニーズをつかみ、サービスの提供体制を作って行くことを行ってきました。地域の一員として、愛隣館の職員としてみんなが参加している暮らしと、運営を心がけています。
 また、平成8年に策定した「愛隣館サービス基準」に、私達が大切にしていることを揚げ、スタッフで共有しているところです。
 オープンマインドな雰囲気の中、笑いと安らぎとエピソードのある日常を大切にしたいと考えます。
 そして、とても苦しい時、痛みある時、また嬉しい時も必ず隣りに居る愛隣館でありたいと願っております。


  … … … … … … … … … … … … … … … … … … … …

【プロフィール】
障害者支援施設 愛隣館
      施設長 三浦 貴子
略歴
1983年           熊本市役所福祉課 老人福祉係 老人福祉担当ケース
                ワークとして働く 
1989年 〜現在      身体障害者療護施設(現障害者支援施設)愛隣館 館長
1993年〜現在      熊本YMCA学院・熊本学園大学・熊本大学等 にて
               非常勤講師
2001年           (社)山鹿青年会議所理事長

 2006年〜2014年  厚生労働省サービス管理責任者(介護分野)研修講師

2009年            山鹿ロータリークラブ会長         
2010年 〜2011年     内閣府障がい者制度改革推進会議 総合福祉部会構成員
2012年 〜現在       内閣府障害者政策委員会 委員長代理       

現 職     全国身体障害者施設協議会常任協議員         
         全国身体障害者施設協議会制度・予算対策委員会委員長
         財団法人 社会福祉振興・試験センター評議員
         九州身体障害児・者施設協議会会長            
         ベトナムの貧困地区へリサイクル車いすを届ける「空飛ぶ車
         いす事業」主宰         
         上がり燈籠奉納女性団体「山鹿燈心会」代表世話人
         アール・ブリュット(生の芸術)パートナーズ熊本事務局長
                                    他                                              


傾聴 責任  礼節 

 


ホームページ テンプレート フリー

Design by